貴金属価格情報

貴金属市場情報

貴金属価格表


     
貴金属価格(2024.2.22)JP  EN
貴金属価格(2024.2.21)JP  EN
貴金属価格(2024.2.20)JP  EN
貴金属価格(2024.2.19)JP  EN
貴金属価格(2024.2.16)JP  EN
     

貴金属市況週報


貴金属市況週報

金相場


<先週の動き>
2024ドルでスタートしたゴールドは週初、米株式相場が連日高値を更新していることを受け、投資家のリスク回避姿勢が後退し、安全資産としてのゴールドは売りが先行した。翌日に発表された1月の消費者物価指数(CPI)はインフレの高止まりを示す結果となり、FRBによる早期利下げ観測が大きく後退。これを受け、米長期金利とドル指数が上昇し、相場はさらに値を落とし、1984ドルまで下落した。15日に1月の米小売売上高が発表されると、市場予想を大きく下回り、米長期金利が低下。ゴールドは買いが優先され、2000ドル台まで値を戻した。16日には1月の生産者物価指数(PPI)が堅調な結果となったことで再度米長期金利が上昇。ゴールドは一時1995ドルまで反落したが、その後アメリカの3連休を前に買い戻しが入り、2012ドルで越週した。
<今週の見通し>
先週のゴールド相場は一時2000ドルを割ったが、長くは続かず2000ドル台まで回復した。やはり外貨準備としての中央銀行の買いが下値を支えており、今週も続くと思われる。今週はFOMC議事要旨の公表、製造業、非製造業PMIの発表が予定されている。
------>続きは下記よりダウンロード出来ます。

     
貴金属市況週報  
     

Contact

各種お問い合わせ

各事業に関するお問い合せを
お待ちしております。

お問い合わせ

お問い合わせ

ご不明な点などございましたら
お気軽にお問い合わせください。

資料ダウンロード

資料ダウンロード

各種お役立ち資料の
ダウンロードはこちら